Traditional on the Ice

ARTICLE PAGE

-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15 2012

新婚旅行@ボリビア page 2/3

次はウユニ塩湖~ラパス編

ウユニ塩湖のベストショットである薄く水の張った風景は、雨季にしか見ることができません。自分たちの到着前には雨が降っていて、到着後は晴天が続くという難しいタイミングが求められます。幸いなことに今回の僕たちはその通りのタイミングにハマり、丸二日の滞在の間、ずっと晴れでした。
bolivia014.jpg
もはや説明の要らないこの絶景。
あまりに現実感が無いため、画面内になにかを入れないと何を撮ってるかわからない写真になってしまします。とりあえず自分が入ってみる。

bolivia015.jpg
塩湖の中にも4WDで突入です。排気はサファリシュノーケル必須。しかしこの塩分は耐塩塗装で防ぎきれるんだろうか。機械モノには最悪の環境だと思うけど。他のツアーの人も、ランクルとかパジェロとかで来ていますが、中にはバスで突入してる漢らしいツアーもw
bolivia016.jpg
フラミンゴに追いかけられてます。

bolivia017.jpg
今回はダンボーも同行。ただ、内臓の電池は一発で錆びて液漏れ。二度と彼の目が光ることはなくなってしまいました。

bolivia018.jpg
青がしっかり出るように撮影してみると、更に吸い込まれそうな光景に。

bolivia019.jpg
夕日も美しい

bolivia020.jpg
低感度+スローシャッターで撮ると黄金色の絨毯のようになります。
この写真が今回の旅行のベストショットかな?

bolivia021.jpg
今回の旅行で大活躍した、SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM。若干塩分の付着が心配。。。
眼前の光景が広大すぎて広角 8mm 側でも普通に撮れてしまいますw自然だけじゃなく街角や建物内なども、普通に取るだけで何か説得力のある写真になってくれる便利さ。フィルタを付けられないというデメリットがあるものの、この旅行一発でモトをとった感は十分です。

旅行中のもう一つの撮影機材 iPhone 4S で撮った動画。
肉眼でも写真と同じ光景が広がっているのがわかると思います。


日があるうちに宿に戻る。塩湖の周りは一面の泥。
強烈な日差しと白い建物は、まるでスターウォーズのタトゥイーンのよう。
bolivia022.jpg
この PARACIO DE SAL は塩でできたホテル。塩のホテルというと塩湖内にある Playa Blanca のほうが有名ですが、トイレをはじめ設備が劣悪なので、塩湖の近くにあるこちらのホテルのほうがはるかに良い感じです。( Playa Blanca には塩湖ツアー中に立ち寄りました。)
bolivia023.jpg

bolivia024.jpg

ウユニを2日間しっかり満喫して翌日はラパスに戻ります。

bolivia025.jpg
帰ってきたー!一瞬で帰ってきたようですが、もちろん帰りもあの10時間ドライブを経ています。
そして健康な状態で初めて見るラパスwこの頃には高山病からも完全に復活しています。

bolivia026.jpg
しかし、高山病は収まっても高地での運動はきついことには変わりない。ラパスは街中が坂道でこれくらいの斜度は当たり前。息も絶え絶えでお土産を探す日本人観光客w

bolivia027.jpg
自然の絶景の中にずっといたから、都会の雑踏が逆に新鮮です。

bolivia028.jpg
ツアーの後半には日本料理のプランが組まれていました。今まで海外で日本食でいい思いをしたことが一度もなかったので、期待していなかったのですが出てきたのは完璧な日本食でした。この New Tokyo の女将さんは小さい時に両親とともに入植した日系1世とのこと。当時のボリビアは本当に未開の土地で、大変な苦労をされたようです。お話にしばし聞き入る我々でした。

bolivia029.jpg
最終日のホテル、プレジデンテはこの旅で一番豪華なホテル。
最上階のバーで嫁さんとお疲れ様の乾杯をしました。

ほんとうに大変なのは帰りのフライトだったりするがまあ気にしないのです。

以上で、ボリビアのレポは終わりです。
新婚旅行の行き先を決めている段階では全く現実感のなかったこの旅ですが、忘れられない思い出になりました。何より同じジャンルの風景は地球上のどこにもないと思う。それくらい強烈な体験でした。

つぎはどこに行こうかね。休みが取れるよう社内工作からはじめなきゃ。

その他の写真はこちら
Bolivia 2012/2/18-28



関連エントリ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。