Traditional on the Ice

ARTICLE PAGE

-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
31 2011

NAS を買ってみた

homenetwork.png
今年の冬ボの使い道は Buffalo LinkStation(LS-WX2.0TL/R1J) にしました。
タイの洪水で価格が上昇していますが気にしない。

主な使い道は TimeMachine のバックアップ先です。
あとは、嫁さんも iPhone にしたので、iTunes ライブラリの共有先としても使用したいところです。
接続先は上図の通り。自宅の LAN は、WiMAX ルータの LAN 側を使用しているので有線部分がありません。
なので、引越し以来 AirTunes 専用となっていた AirMac Express をブリッジ設定で使用して、その下に NAS をぶら下げる作戦。買うまで実際に出来るのか半信半疑でしたが、NAS 側で IP を自動取得して一発で通信が通りました。ちょっと拍子抜け。

しかしその後の設定は、共有フォルダをマウント出来なかったり(1)、iTunes のライブラリを移動するときにコピーエラーが発生したり(2)、何回やっても TimeMachine のバックアップ先に指定出来なかったり(3)なかなか一筋縄ではいかず。結局使い始めたのは購入始めてから2日目に入ってからでした。

(1)Raid1の構築中はマウント不可な模様。構築には数時間かかった
(2)iTunes>環境設定>詳細>iTunes Mediaフォルダの場所 をNAS上に移動してからライブラリの統合を実施してクリア。移行後、iTunesフォルダのライブラリファイルもNAS上へ移動した。
(3)NAS側の設定で TimeMachineを使用する設定にしなければいけなかった模様。設定後、コンピュータ名_NICのMACアドレスという名前のスパースバンドル・ディスクイメージを作成してNAS上にコピーして TimeMachine のバックアップディスクに設定することができました。無線LANを使用していても イーサネットのMACアドレスを使用するようで、ここでもはまりました。詳しくは記事末のリンク参照。


使用してみての感想は、書き込みのスピードに不満が。。。
TimeMachine の初回バックアップ (229GB) に丸 2 日かかっています。このエントリ書いている間もまだ終了していない状態。TimeMachine に関しては、初回のバックアップさえ終わってしまえばそんなに問題にならないと思うけど、万一バックアップからの復元を実施するシーンになったらこの速度は不安です。
ボトルネックが何なのかいまいち分からず、無線 LAN なのか Raid1 なのか。
もし、無線 LAN 部分が原因だったら AirMac Express の下にハブを置いて、有線で接続すればちょっとはマシになるのかね。普段のバックアップ等は無線で、大量コピーするときなど有事の歳は有線で、といった運用できないかな。

とりあえず、もうしばらく様子見です。

参考

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。