Traditional on the Ice

ARTICLE PAGE

-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08 2007

8cmシングル

部屋を片付けていたら懐かしいモノたちを発見
こんなもの買っていたんだなぁ(しみじみ)
まあ、これからこのCD自体を聴くこともないと思うので、処分しようと思ったら、相方からBookOffもう8cmCD買取してないとの情報が・・・(´・ω・`)
仕方ないので普通に捨てました。

ついでにCDの大きさについてのトリビアを少し
scd2.jpg
8cmCDのケースは↑のように下半分がブランクになっています。この部分は折ることができ、コンパクトにすることが出来るんですが、何でこういう構造になっているかというとレコード→CDになったとき販売店のレコード用の棚をそのまま使うために高さを稼いだということらしいです。
その後CDシングルは16cmのマキシシングルに主流が移るわけですが、これは従来の8cmCDが供給過多で飽和してきて、新曲を出しても販売店の棚に埋もれてしまう状況が発生していたためとのこと。シングルを16cmCDで出すことで、当時それほど供給がなかったアルバムコーナーに置いてもらうことができ、目に留まりやすいという戦略だったようです。

ソースは“どっかで聞いた”程度なので信憑性は……お察しください。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。