Traditional on the Ice

ARTICLE PAGE

-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01 2010

iPad レポ

ipad01.jpg
6/12にようやくiPad 32G Wi-Fiが手元に届きました。
実際は発売日に届いていたんですが、まさかの初期不良・・・発売直後で交換用の在庫もない状態ということで実際に使えるようになったのは最近のことです。
二週間ほど使った時点でのレポを書きます。
なお、この原稿もiPadで書いてます。しかも新幹線内w
@自宅
家の中での用途は
・SafariでWeb閲覧
・Reeder(Google Readerのクライアントソフト)でRSSフィードのチェック
・Mailでメールチェック
・AirVideoでMacBook内の映画鑑賞
こんな感じです。なかでも特筆すべきはAirVideo。Mac側にサーバーソフトをインストールすることで、iPad側に負担をかけずに動画を再生できます。もちろんMacが起動していることが条件ですが、ベッドに寝っ転がりながらなど自由な態勢で見ることができるのはメリットです。僕は持ち出す動画は、HandBreakでH264にエンコードしてからiPadに転送していますが、容量的にも手間的にも全ての動画ファイルをiPad転送してするのは現実的ではありません。こうやってMac内のファイルをWi-Fi経由で再生できる方が手軽ですよね。欲をいえば、MacのSuperDrive内に入っているDVDを再生できればさらに便利だったけど、それは欲張り過ぎか。サーバーソフトはWindows版もリリースされています。

ちなみにこのブログをSafariで見るとこんな感じ。
ipad02.jpg
※クリックで拡大されます。


@モバイル
一方、外出先での用途は
・各種電子書籍
・持ち出した動画再生
・GoodReaderで自炊したpdf閲覧
・写真を見せる
・Evernoteでブログなどの草稿書き
Wi-Fi版なので、外ではオフラインでできる使い方が基本。でも、都内は結構アクセスポイントあるので、いざネット環境が欲しい!ってなってもそんなに不自由はしないです。
電子書籍はまだ試行段階という感じで、いまは手持ちの雑誌などをpdf化する事を考えています。会社のスキャナ使いたいw一冊100円前後で代行してくれるサービスもあるようです。このpdf自炊ですが、応用すれば仕事にも使える気がします。いまの職場は事務所から大量の資料を持って移動する事があるので、それをiPadに入れる事ができれば検索性も高くて便利だと思います。セキュリティ的に勝手に導入は出来ないですけど。
写真を見せる事に関しては、期待以上の能力を発揮しています。デジカメの液晶を見せ合うのはよくやりますが、サイズが違うと全然印象が違います。 90歳を超えたうちのひいおばあちゃんもこのサイズならよく見えるようです。
メモ書きや草稿にはEvernoteを使っています。あとで、Mac側で編集する際もクラウド経由で同期されるので、わざわざメールで送ったりする必要はありません。こういう端末にはクラウドサービスが超重要だと実感してます。

@その他
場所を問わず使用回数が多いのはソリティアw
最強の暇つぶしですね。スパイダソリティアも欲しいなw
自宅にいる時からヘビーユースする端末じゃないけど、電車で長距離移動するときを始めとして何かしらの隙間時間を有効に使ったり、暇つぶしとして使ったりするには完璧に近い製品でした。カバンに常に入れておいても苦にならないし。秋田に帰るときも車内で映画見て帰れるね。日本でもiTunesでの Movie配信サービスが待たれます。

ただ、当初期待してた
出先で写真を撮る⇨iPadに取り込む⇨ブログにアップロード
の流れは専用アプリがリリースされていないFc2ブログでは厳しいみたい(画像のアップロード不可)。ちょっと工夫して出来ないか検討して見ます。
何にせよビューアとしては最強ていうのが2週間たっての感想です。

ここまで入力して約30分。それなりの入力性能です。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。