Traditional on the Ice

ARTICLE PAGE

-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06 2009

セルゲイ帰っちゃうんだね

 NHLのスター選手として活躍したセルゲイ・フェドロフがロシアのマグニトゴルスクと2年契約を交わしたことが24日、発表された。複数のNHLのチームとも交渉していたが、母国復帰を選んだ。

 オールスターに6度選出された39歳のフェドロフはレッドウイングズなどNHLで18年間プレー。2008年2月からはキャピタルズに所属していた。(ロイター=共同)

あのデトロイトのプリンスだったフェドロフももう39歳だったのか。時間が流れるのはとても早い。
大学でホッケーを始めて、最も憧れた選手がフェドロフでした。
fedorov.jpgとりあえず、僕は形から入る方なんで、ヘルメットとバイザーとスティックをフェドロフと同じモデルに変更した訳です。途中からルール変更で Tinted(薄茶)のバイザーは使えなくなっちゃったけどね。そういえば、CマークよりもAマークを付けたいと思っていたのもデトロイト時代の彼の影響だっけ。チーム事情により自分は途中でCになりましたがw

始めてフェドロフのプレーを見たのは、先輩から借りたNHLのビデオ。基本はCFでサポートに動きつつも、そのスキルで単独突破よし、パワープレー時にはディフェンスのポジションに入ってポイントからのシュートよしと完璧なオールラウンダーでした。最近は、5対5の時もDFしたりしてたみたいです。それを見てオールラウンダーを志した訳ですが、残念ながら自分は器用貧乏の域を出なかったわけで(汗)なぜか、当時DFもできるFWに尋常じゃないかっこよさを感じていたんだけどなー。FWのスキルがあってこそだよねそれはw

スーパースターだったフェドロフのチーム選択も格好良すぎる。デトロイトでその地位とサラリーが確約された状態だったにも関わらず、彼はお金よりアイスタイム(滞氷時間)を求めて他チームに移籍。出来るだけ長い時間プレーさせてくれるチームを選んだんです。そんな彼が最後にNHLでプレーしたチームはワシントン・キャピタルズ。ロシアの次代のエース(もう現エースになっているが)オヴェチキンのいるチームです。2008-09シーズンのプレーオフ1回戦、フェドロフの決勝点でキャピタルズの11シーズンぶりのプレーオフ2回戦進出が決まったとき、ロシアの新旧エースが抱き合っているのは感動的でした。

↓その時の動画

ロシアに帰っても頑張ってください。

フェドロフのハイライト


関連

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。