Traditional on the Ice

ARTICLE PAGE

-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25 2009

天使と悪魔(微ネタバレ)

天使と悪魔見てきました。

ちょっと感想を。
注:微妙なネタバレを含みます。
総点としては80点という印象でした。
話としてはあまり歴史関係ない娯楽サスペンスだと思うんですが
僕は原作読んでいないので、一つの映画として単純に面白かったです。
時間制限のスリル感で、テンポの良い展開が演出されていて良かった。

一方で、各人物や組織の背景はあまり掘り下げられていなかったので
原作読んでいる人には物足りないのかも。
特に
・暗殺者が只のお金目当ての人間としか描かれていなかったこと
(何らかの信念があることは匂わされていたが、その直後に爆死してるし)
・ラングドン教授があまりに都合良く謎を解いていくこと
あたりがちょっと気になるかも

でも、そんな中でもちゃんと映画になっているのは
ひとえにトム・ハンクスとユアン・マクレガーがいるからじゃないだろうか。
ユアンは最高です。なんか妙に若くなってたけどさw

という訳で総点の1/3くらいはキャスティングの得点で(・∀・;)

しかし、久々に映画館に行ったなー
昔から映画館に行く習慣が無いので自発的に行くことはほとんどないです。
映画は家で見るもの w そんな我が家でした。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。