Traditional on the Ice

ARTICLE PAGE

-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24 2009

Time Machine と "ファイルシステム・フォーマッタは処理に失敗しました。"

TM1.png
一つ前のエントリで作成した Mac Pro 風の外付け HDD を使って Time Machine を運用開始しました。

その際、 HFS+ へのフォーマットでちょっと躓いたのでメモ。
Time Machine 用に使用する HDD は以前 Win 機で使用していたため、 NTFS でフォーマットされてました。これを、Mac のディスクユーティリティから Mac OS 拡張 (HFS+) フォーマットしようとしたら、何回やっても

「ファイルシステム・フォーマッタは処理に失敗しました。」

の表示が出て、止まってしまう状態になりました。
調べてみると、どうやらパーティションマップの設定が GUID パーティションテーブルになっていないと HFS+ フォーマットは不可とのこと。
TM2.png
このような設定にしないといけないらしい。

設定画面には、
ディスクユーティリティ→ディスクを選択→右側のパーティションタブを選択→1パーティションを選択→オプションボタンをクリック
で到達できます。

パーティションマップが何者か、あんまりわかっていないけど、HFS+ にフォーマットできる設定をデフォルトにしない理由は何かあるのだろうか。それとも、元々 Win 機で使っていたから、ディスクの情報を取得してデフォルト値を変えたのかな?

何はともあれ、これで Time Machine の運用を開始できます。
TM3.png
バックアップからの復元を必要とするよう事故が無いのがベストだけど、安心感は大きいですよね。 MacBook 本体の HDD を換装するときのデータ書き込み元としても機能するみたいで、いろいろ便利そうです。

参考サイト

- 1 Comments

-  

助かりました
ありがとうございます

2010/05/01 (Sat) 00:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。