Traditional on the Ice

ARTICLE PAGE

-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23 2009

MacBook その後

macbook01.jpg
MacBook の到着から2週間程経ったので、使用感をレポします。
<良かった点>
  • アルミニウムユニボディの剛性感
    • 本当に安心できる堅さ。ケースなしでカバンに入れても破損の不安を感じない。家の中で持ち運ぶときも、本当に1枚のアルミ板を持っている感覚でいける。
  • バッテリー
    • バッテリーは AirMac使用時もカタログスペック(5時間)近く持つ。現在のメインの使い方:家庭内モバイルでは十分なバッテリ容量。使うときはほとんどバッテリ駆動です。
  • 手軽なスリープモード。
    • Apple 推奨の通り、普段はスリープモードで運用し、殆どシャットダウンしません。そのおかげで起動は数秒しかかからず快適。OS が不安定になることも今のところない。
  • 質量
    • 本体重量が 2.04kg なのが持ち運びに際して心配だったものの、持ってみたら意外と余裕でした。うれしい誤算。今のところ重量的に負荷を感じるのは MacBook 本体+雑誌3冊くらいからでしょうか。
  • ソフトウェアのスイッチ
    • 今まで Windows 環境で使っていたソフトウェア機能を Mac へ移行するのもスムーズでした。というのもメーラとスケジューラ、 RSS リーダあたりはすべて Google の Web ベースサービスを使用しているため環境以降の必要性は殆どありませんでした。ブラウザも Firefox for Mac で Win と同じ操作感だし。唯一の難点は Jane 系の 2ch ブラウザがないことでしたが、BathyScaphe の使い勝手にも慣れました。自分を合わせちゃった感じ。
  • トラックパッド
    • マルチタッチトラックパッドは、もう便利すぎて手放せなくなりました。滑り具合もよく、マウスよりも多機能ですばらしいです。 Dell Mini 9 のタッチパッド触ったらその使いづらさにびっくりした。つい最近までは何にも感じなかったのに w

<悪かった点>
  • 液晶の写り込み
    • 到着時は大丈夫かなと思っていた写り込みはやはり気になるレベルです。具体的には光源が背後にあると作業に支障を来します。家の中での使用でも MacBook を置く場所に気を使う感じです。きっとこれは電車の移動@窓側席だと厳しいかもしれん。
  • 液晶の視野角
    • もう一つ液晶に関して。上下の視野角が結構狭いです。特にストレスなく文字を認識できる角度は結構シビアな幅・・・。机の上での作業なら問題ありませんが、ベッドで膝の上にのせて作業をする場合は角度の微調整が頻繁に必要です。
  • ボディの冷たさ
    • アルミニウムユニボディは質感的に最高なんですが、朝冷えきった MacBook を操作すると冷たくて手がかじかんでしまいます。しかも、意外と暖まってこないので冷たいまま。秋田の冬にはちょっと不向き?まあ、ストーブつければいいんですけど。

ざっとですがこんな感じです。液晶はちょっと残念な感じですが、それ以外の部分ではハード、ソフトともに予想以上の満足感です。買ってよかった。
アプリのインストールやアンインストール。Finder の操作、ことえりの使い方など、 Mac の作法にも3日程度で慣れました。というかここ1週間 Win マシンを起動してません。意外と混在環境じゃなくて Mac 環境一本でもいけるのかも?

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。