Traditional on the Ice

ARTICLE PAGE

-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08 2009

鶏肉ときのこのグラタン

g02.jpg
近いうちに、私用でグラタンを9人前作らないといけないので試作品を作ってみた。
試作品は鶏肉ときのこのグラタンです。

これを具材変えて3台作れば9人前!?

ベシャメルソースを別に作るのではなく、具材と一緒にベシャメルにしてしまうところがポイント。
具体的には、バターソテーした具材に小麦粉を加え、軽く焦がすように炒めた後、牛乳を少しずつ加えて、グラタンの中身(?)として仕上げます。
調理した具材にベシャメルをかける方法に比べて、ソースの白色度は低くなるものの、具材の味が最初からソース全体に出て、おいしく食べられます。

フライパンが1個でいいのもプラス材料。

手順まとめ

1.グラタンに入れる具材をバターソテー、塩コショウで下味をつけます。
2.具材に火が通ったら、小麦粉投入。今回のグラタン皿(直径20cm)に作った場合は、大さじ1杯半くらいの小麦粉を入れました。
3.小麦粉がまぶされた具材に軽く焦げ目がついてきたら、牛乳を少しずつ加えます。なべ肌の焦げ目を溶かすように木べらで混ぜます。
4.牛乳の量と煮詰める程度で粘度を調整。粉チーズ投入。
5.仕上がった具入りベシャメルをグラタン皿に移し、上にピザ用チーズとパン粉を振ってオーブンへ(今回はパセリとバジルもトッピングに加えました)。
6.表面に焦げ目がついたら完成。

g01.jpg
こんな感じに焼きあがりました。

具体的な調味料の量とかは、一般のグラタンレシピを参考に。
僕は例によって目分量です^^;

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。