Traditional on the Ice

ARTICLE PAGE

-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21 2009

マカーになりたい

スティーブ・ジョブズCEOの休職が発表される一方、
昨年10月に発売された新型Macbookは好調な売れ行きのようです。

MacBook(Apple)←これ。

うーん。欲しいなぁ。アルミユニボディがカッコ良すぎです。
(なぜかAmazonのリンクイメージは旧MacBookになってます。)

この前、Dell mini 9を買ったばかりだというのに、物欲は止まらずwww

  • MacBook 13inch 2.4GHz
    • Intel Core 2 Duo
    • 2GB DDR3 メモリ
    • 250GB ハードディスク
    • NVIDIA GeForce 9400M
    • バックライトキーボード
    ↑の構成で¥184,800だから
    iWorkとメモリとMini DisplayPortアダプタつけて¥210,000円強・・・
    Appleストアじゃなければもう少し安い感じ。それでも今の経済力では購入できないので、
    就職してからのひとつの目標にします。
    ただ、13inchの唯一の不安点は縦方向の解像度が800pixcelであること。ちょっと足りないかも?

    というわけで、Win上のFirefoxで擬似的にMacBookの表示領域を再現してみました。
    結果は↓こんな感じ(クリックで拡大)
    mb.png
    あれ?意外と大丈夫そう^^;
    不便だったら、今所有しているモニタを使って、自宅ではリッドクローズドモード使う選択肢もありますし、15inchはMacBook Proになってしまって高い・・・。やはり13inchを第一候補に。
    リッドクローズドモード用のモニタもアップル製にすればなお良いけど、アップルのモニタ高いよ(ノ_;)


    余談ですが、僕のコンピュータとの出会いは、小学校3年生のとき学校に導入されたMacintoshでした。
    確か、HyperCardやキッドピクスを使う授業があったと思います。この画面キャプチャがかなり懐かしいです。
    当時のMacintoshには、システムファイルの保護機能は無かったので、システムフォルダの中身をごみ箱に捨てるという暴挙が可能でした。
    小学生がそれをやらないわけも無く、構内ほとんどのMacintoshが一時動作不能になった事件に発展したことも。
    ノウハウが無い状態で、当時コンピュータ担当をされた先生は大変だったかと思います。

    そんな環境のおかげか、今でもWinとMac双方の操作に違和感は余りありません。
    もっとも、Macを所有してないのでMacを操作する機会は少ないですが。

    OSのUIや筐体デザインの美しさがよく言われるMac。今回改めてラインナップを見ると、見た目以外にも、ハードウェア性能、コストパフォーマンス、互換性などの向上により、Winからの乗り換えを妨げるハードルが低くなっているのを実感しました。ユーザの「慣れ」以外ほぼ無いとも言えるかも?


    お金がたまったら久々にMac環境に戻ろう。

    関連サイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。