Traditional on the Ice

ARTICLE PAGE

-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21 2008

知らない人にEメール書くときって困るよね

皆さんの会社では一体どうしているだろうか?いわゆる「ビジネスマナー講座」のような講座や、あるいは書籍では、電子メールのマナーについては詳しく触れられていないように思う。私たちがアウトソースしている研修も、名刺や電話、あいさつその他の基本的なマナー講座はあっても、電子メールのマナーについては扱っていなかった。

なぜだろう?答えは明らかだ。まだ「マナー」と呼んでいいような作法の集合が存在しないのだ。電子メールの作法には、実に沢山の流派がある。ちょっと思いつくだけでも、以下のようなコンフリクトや流派が存在するように思う。
Eメールマナー研修で困る - テクノロジー開放日記

僕は研究室OBへメールを送る際にも先生に添削を求めてしまうビビリですw
しかし、企業の就職担当者や大学の先生など、先方が明らかに目上の場合、単にかしこまればいいので、ある意味楽なんです。一番苦手なのが親戚へのメールのように失礼の無いようにしつつ、他人行儀にならないメールの作成。これは本当に苦手。元来筆不精なことも手伝って完全に筆が止まります。


逆に自分が受信する立場の場合、困るメールはこんなところでしょうか。
ちなみに、家のメーラはMozilla Thunderbird。
その他、所属学科のWebメールおよびGMailを使用しています。



まず第一に、HTMLメール。
これは本当にやめていただきたい(汗)
そもそもなぜHTMLメールというものが存在するのか理解できないのですが、HTMLメールを使用しなければならないケースが思い浮かびません。特にWebメールだと日本語コードの問題で文字化けしてさらに意味不明になる場合があります。


メリットがほとんど思いつかない方式であるにもかかわらず、企業からのメールもHTMLメールである場合が散見されます。不思議です。


その2。迷惑メールっぽい件名
「はじめまして」とか「お久しぶりです」とか
「この前撮った写真送ります」とか^^;


僕のプロバイダのメールアカウントには一日平均200~300件の迷惑メールが来ているのでこういうタイトルだと迷惑メールフィルタに引っかかってしまう可能性大です。特に送信者が女性の名前だとほぼアウト。


件名:この前撮った写真送ります 送信者:ゆうこ

↑ほら。どう見てもspamにしか見えないでしょ?wwww


ちなみに自分が送る際には
「○○について from△△」とか「○○について □□大学△△」
みたいな件名にしています。


Apple Storeの「いま、MacとiPodを一緒に買うと、iPod分が戻ってくる。」という件名のメールも今思うとspamっぽいな・・・


その3。件名なし
その2とちょっと関連してますが、件名がないと後から探すときに非常に不便。
ちょっとした連絡のメールなどは無しになりがちですが、これが間違って迷惑メールフォルダに行ったら掘り出すのはかなり骨の折れる作業。
メーラには是非「受信したメールのタイトルを変更する機能」を実装して欲しい。同等な機能を実現してる例があれば教えていただけると助かります。


以上が、僕がやめて欲しい3大メールです。


現在TAをしている初年字の学生対象の講義でも、まもなく学科のWebメールの使い方およびメール使用時のマナーを説明する回がやってきます。ただ、みんな携帯電話のメールに慣れているため、「メールの使い方?そんなのわかるよ」みたいな感じでモチベーション低いんですよね。


↓この記事のような印象付けが出来る教え方ができればいいのかも
迷惑は体験させてやる - 大学教員の日常・非日常


学生のメールボックスにメールの悪い見本100通を送りつけ、その中から課題を書いたメールを発掘させるというもの。必要に迫られると学習効果が上がるという特性を利用した、非常に面白い方法だと思います。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。