Traditional on the Ice

ARTICLE PAGE

-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02 2008

P905i購入&バリューコース料金比較

p905i.jpg
Panasonic製 NTT DoCoMo P905iを購入しました。話題のバリュープランの対象機種です。


バリューコースは、携帯電話購入時にドコモが一部料金を負担する方式を廃止し、替わりに通信料を引き下げたものです。これにより利用者は端末購入時の支払いは大きくなるものの、通信料自体は下がるため同じ携帯を長く使う人はお得という流れ。

実際に自分の使用状況で比較してみました。
僕の場合機種変更前のプランは以下のような感じでした。なお、消費税やゆうゆうコール割引などは面倒なので考慮してません。
(1月の場合)
定額料金:8130円
基本使用料(FOMA タイプM 6600円), iモード, パケットパック10, ゆうゆうコール, iチャネルなど各使用料(1530円)

割引料金:-3400円
ひとりでも割50(6600円×50% = 3300円引き),eリビング割引(-100円)

無料通話・通信:-5000円
タイプM無料通信・通話(-4000円)、パケットパック無料通話・通信(-1000円)
通信料は大体毎月、無料通話を超えるか越えないかのあたりを推移しているので無料通話を使い切ったとして月々の支払いは4730円前後でした。


これに対して新プランでは
定額料金:5530円
基本使用料(タイプM バリュー:5000円),iモード, パケットパック10, ゆうゆうコール, iチャネルなど各使用料(1530円)


割引料金:-2600円
ひとりでも割50(5000×50% = 2500円引き),eリビング割引(-100円)


無料通話・通信:-5000円
タイプMバリュー無料通信・通話(-4000円)、パケットパック無料通話・通信(-1000円)

以上で同様に無料通話分使い切った場合、月々の支払いは2930円前後
これに端末代の月々2100円を足すと5030円で


旧プランとの差額は300円でした。これで高スペック機種を入手できるのはなかなかいいかも。ちなみに今キャンペーン中で3ヶ月間は上記のプランからさらに2100円引きになっています。


むしろ、この料金体系ならば2年間使うのが前提な訳で、そうなるとハイスペックな携帯電話にしておいたほうがベターな気がします。


端末(P905i)自体はまだ使い込んでないのでわからないところも多いですが気になる点をいくつか。
まず、指紋がつきやすいです。特に背面ディスプレイ。赤だから特に目立つのだろうか。


あと、横に開いたときのUIがいまいち。縦の状態と同じ待ち受け画面やメニュー画面なので非常に操作しにくい。縦で選んでから横に変えるみたいな動作が必要。


キータッチは反応遅くはありません。ただ、十字キーが小さいせいかゲームをする際には操作感が気になります。


最後に、文字入力。濁点を後付けできないのが地味にむかつきます。前のN702iDでは「だ」と入力する際、決定前であれば「た゛」でも変換の要領で自動的に「だ」にしてくれたんですが、P905iでは「た゛」と入力してしまうと一旦消去しないと「だ」にできないんですよ。うまく表現できませんでしたが、もうちょっとかゆいところに手が届く感じにしてほしいところ。


それにしてもマニュアル多すぎ^^;
p905i01.jpg

縦に重ねたらUNIXの参考書より分厚いです。p905i02.jpg

- 1 Comments

とっつ  

あんま値段かわらんのか(´・ω・`)
変えようかな・・・(´・ω・`)

2008/02/02 (Sat) 01:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。