Traditional on the Ice

ARTICLE PAGE

-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02 2008

置き去りにされたブックマーク 人間関係編その2

いきなりですが、僕は相談されるのが苦手です。正確には、「共感してほしくて」という相談が苦手。解決策が欲しいタイプの相談にはむしろ張り切りますが。


なぜかというと、その人の悩みに共感して「そうそう、大変だよね。」ってだけ言うことが、本当にその人のためになっているか不安だからです。


人はそれを余計なお世話という。
というわけで、ブックマークのストックから2エントリ発掘。
「辛い、辛い」と言っている人に「私は辛くないよ!」と言うことが励ましになると思っている人が、本当に存在する件 - 不倒城
俺たちのときは、もっと辛かったんだよ - 大学教員の日常・非日常
うわ・・・改めて読むとますます励ます難しさがのしかかります。ただ聞いて欲しいタイプの相談が来た時、その人自身に原因が見えたらどう対処すればいいんでしょうか??そのことには目をつぶってひたすら頷くのが優しさなんでしょうか。僕には分かりません(><;)


一方で、僕は怒るのも苦手です。部活に同じ学年がいなかったため主将になり、怒らなければいけない立場も経験しましたが、そのときも怒るのは理解を促すためのツールでした。何で今ので怒らないの?といわれることもありますが、怒っても何の解決にもならないじゃんという思考に。これは、ただ共感してあげても何の解決にもならないじゃんというのと全く同じ思考です。


最近ドライになろうよと呟いているのは、こういったことが苦手だというところに原因があるような気がします。要は殺伐空間への逃げです。


本心ではウェットな人間関係を自然にこなせる人になりたいのにね。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。