Traditional on the Ice

ARTICLE PAGE

-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02 2008

置き去りにされたブックマーク セキュリティ編

前回のエントリに続きブックマークのストックを消化していきます。

今回はノーガードでネットに繋いだPCのお話。
こんなPCはネットにつなぐな! 3日間放置した無防備PCの結末は? - 日系トレンディネット
この記事では、まったくセキュリティを施していないPCをネットに繋いだらどうなるか実験しています。
結果は
 ルーターなしでインターネットに接続した瞬間、外部のコンピューターがこのIPアドレスめがけて攻撃してきた。ウイルスを送り込もうとしているのだ。その後も、ノーガードマシンはサンドバッグのごとく連続攻撃を受け、1時間後にはPCにボット型のウイルスが侵入していた。ユーザーは何の操作もしていないのに、ウイルスに感染してしまったのだ。
この通りです。

でも、ここまで酷くはないとしても、このPCに近い状態“準ノーガードPC”はかなりの量存在する気がします。未だにWin95のマシンでネットに接続している知人もいますし、Windows Updateしていれば、ウイルスソフトいらないんでしょ?と笑顔で話してくれた親戚もいます。


そこで、ちゃんとしたセキュリティ(?)の話をしても大抵真剣に受け取られないんですよね。面倒だとか、大切な情報入っていない、果てはウイルスの踏み台として感染源になっても自分は困らないとかそんな感じで。そういう人に限ってネットショッピングしてたりしますが、そのカード情報は重要じゃないんでしょうか^^;


でも、最近ここで、真剣になってもらう方法を思いつきました。
「ウイルスに感染するとPC操作重くなるよ?」
何故かこれを聞くとみんなちょっと考えるみたいです。
何故だろう。ここで初めて実感を伴うからなんだろうか。


まあ、低スペックマシンに最新のウイルスソフト入れたらかえって重くなることまでは責任取れないのですが。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。