Traditional on the Ice

ARTICLE PAGE

-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01 2007

猫舌とそうでない人

猫舌とそうでない人が居ますが口内の耐熱性はほとんど個人差はないそうです。
猫舌とそうでない人
投稿者:でった☆ 投稿日:2007/11/18(Sun) 12:34 No.2990

昨晩、NHK 解体新ショーでやっていました。
なぜ猫舌とそうでない人がいるのか。
結論は、飲み方の違いでした。舌の構造や、体質は一切関係ありませんでした。そもそも違いが無いそうです。
あまりにびっくりしたので、紹介しておきます。

熱さを感じるのは、舌先が一番感じるそうです。
で、猫舌の人は、飲むときに舌先が歯の上にあり、熱いものがダイレクトに触れるので熱いそうです。違う人は、舌先が下の歯の裏側に押し当てられ、熱いものが触れないようにして飲むので、平気だそうです。
さらに、すすって飲む事で空気で温度が下げられるわけです。

図解
http://detta.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/dtmsk/dtmsk.cgi?page=0#2990

引用元はCGIを利用した掲示板内の書き込みなので、直リンクできません。URLをアドレスバーにコピペしてください。

なお、実験時には舌のやけどに注意です。
あまりに熱いものの場合、この方法でも当然やけどするようなので。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。