Traditional on the Ice

CATEGORY PAGE

category: アイスホッケー  1/7

No image

  •  -
  •  -

Ilya Kovalchuk

 ソチオリンピック アイスホッケー男子予選リーグ ロシア対アメリカは延長でも決着つかず、GWSまでもつれましたね。プーチン大統領も観戦に来ている中、ロシアのシュートをノーゴール判定(ゴールがわずかに動いていた)するのは主審も勇気が必要だったのではないでしょうか。所謂「おそロシア」ってやつです。 GWSのヒーロはーアメリカの1本目+サドンデスの5本全てを打った TJ Oshie ですが、一番おおっ!っと声が出てしまっ...

  •  0
  •  0

2012年5月合宿

今年も5月合宿に参加。氷に乗る間隔が開いていくに連れてだんだんプレイレベルが落ちていくわけで。合宿を利用してこまめに練習することは非常に大事です。特に僕のようなチーム未所属の社会人にとっては。今年の新入生には全くの初心者もいて、子鹿のような姿が懐かしいですw現在のチームにはアイスホッケー or スケートの経験者が何人かいるのですが、彼らは自分がどうやってそれぞれの技術を習得したのかわからないと言ってま...

  •  0
  •  0

秩父宮杯第60回関東大学アイスホッケー選手権大会 3位決定戦&決勝

準決勝に引き続き3位決定戦と決勝も見に行きました。詳細は twitter で実況してたので、そちらに譲りますが2試合ともとにかくカッコ良かったw3位決定戦は残り7秒で追いついた東洋が、そのまま延長で決勝点。決勝戦も最後まで竸って、6人攻撃に突入。最後まで緊張感が続く試合がやっぱり一番面白いよね。自分も今年の合宿はフル参加を決めました。彼らの10分の1のスピードですが、頑張ってきます。以下写真です。...

  •  0
  •  0

秩父宮杯第60回関東大学アイスホッケー選手権大会 準決勝

久々にホッケー観戦@東伏見です。対戦カードと結果は、早稲田 1 - 5 明治、東洋 0 - 2 中央最近この4校の対戦しか見てない気がする。1試合目は早稲田が全くいいところがなく、常に明治がコントロールする展開。準決勝でこの点差になることもあるんですね。もっと、明治側が得点してもおかしくなかったかと思います。当たり前ですが2年前の早稲田とは全く別のチームでした。2試合目のほうが競った展開だったこともあり、見てて...

  •  0
  •  0

関東大学アイスホッケーリーグ Div1 Aグループ

今年は最終節を待たずに東洋大学が優勝を決めました。11/13に見に行った 東洋 vs 中央 も3-1で勝利。この試合も危なげない試合運びでした。どちらかと言うと、優勝決定後の 明治 vs 法政 のほうがガチャガチャした感じ(曖昧すぎるw)で面白かったくらいです。大学の試合のほうがお財布にも優しくて良いですね。すっかり見る専になっている今日この頃。以下、写真です。今回は実験的に広角レンズも使ってみましたが、室内のため光...

  •  0
  •  0

2011年8月合宿

8月合宿@仙台に行ってきました。震災の影響はアイスホッケー部にも色濃く影響していて今回が今シーズン初めての合宿です。現役はメンバーも少ない中リンクも使えず苦しんでいたと思います。また今回はまれに見る超ハードスケジュールでした。8/13 23:30 ~ 25:308/14 4:45 ~ 6:45 18:15 ~ 20:151回目と2回目の時間差がわずか3h15minというイジメwしかも深夜w合宿で初めて貫徹しました。20代後半になって徹夜+激しい運動...

  •  0
  •  0

GKのボディチェック

No image

ボストン・ブルーインズのGK Tim Thomas がゴール前でボディチェックw真剣なプレイだと思うけど何故か笑える絵になってる。ヘンリク・セディンのコケ方も見事だし。あとちょっと手首を返されてたら得点されてたことを思うと、合理的ではないかもしれないけど、非常に楽しいプレイでした。プロだからこういうショー的な要素も必要だよね。ちなみに、この試合はスタンレーカップファイナルの第3戦ですが、バンクーバーが2戦先取した...

  •  0
  •  0

これは痛い!!

No image

Steven Stamkos returns after slapshot hits face 5/27/11 ポイントからのスラップショットが角度変わって顔面にヒット >...

  •  0
  •  0

2010-11 NHL Play of the Year

No image

レギュラーシーズンが終わった NHL から 2010-11 シーズンのベストプレイ集です。ゴール、セーブ、ヒット(ボディチェック)の3編。今年は、シュートアウト(PS)編はやってくれないんだろうか。「自分が現役だったら」というものすごい勝手な仮定ですが、練習してやってみたいプレイはゴール編 No.6 サンノゼ・シャークス Ben Eager のゴール。実際パスコースが後ろにそれた時に、こんなハンドリングができたらいいのになと思いま...

  •  0
  •  0

徹底できるって素晴らしい

現地3月2日に行われたアナハイム vs デトロイトの1コマ。混戦からパックがこぼれて、ダックスのペリー(#10)がGKと一対一になるという決定的シーンです。実際にはこの直後GKハワード(#35)が至近距離からのシュートをグラブセーブして得点には至りませんでした。ただ僕が感心したのはハワードの反射神経ではなくて、ゴール裏から上がってきたDFブラッド・スチュワート(#23)の対応です。上の写真を見ると、決定的なピンチにも関わら...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。